所得控除で所得税が減らせる!特例で利益への所得税がかからない!

自分の資産なのに所得控除が受けられる

老後資産を積み立てるときに、銀行で積立預金を利用するかもしれません。毎月1万円ずつや5万円ずつなどそれぞれの人の資金の余裕度合いで行っていきます。この時積み立てたお金は将来的には自分で使えます。ただ、積立てたからと言って所得控除などは受けられません。給料をもらっているなら所得税がかかりますが、特に控除されずに計算されます。個人型確定拠出年金制度を利用すると節税に役立つとされています。それは、拠出額が全額所得控除になるからです。積立預金同様に自分の資産ですから、将来口座から年金として受けられるようになります。それまでに支払う所得税の元から控除されるので、毎年の所得税負担を大きく減らせます。減った分を積立てればより効率的に資産を増やせます。

投資に利益が生じても課税されない

株式投資、投資信託投資、その他投資をする資産を増やせる可能性があります。銀行預金でも利息を受け取ればそれは資産増になり、その分が所得になります。所得に対しては税金がかかる仕組みなので、大体所得の20パーセント程度が資産から減じられてしまいます。個人型確定拠出年金を利用すると、株式などに投資をする投資信託に投資をしたり、銀行預金に投資をしたりできます。資産が増えればその分所得になりますし、分配金を受ければ所得になります。銀行預金なら利息を受ければ所得になります。これらの所得に対して所得税が課税されない特例があります。本来20パーセント減じられる部分を減じずに投資を継続できます。一般の口座で投資を行うより有利に資産を増やせます。

イデコとは個人型確定拠出年金のことです。60歳まで毎年掛け金を積立て、運用を行います。運用益が非課税となり、受け取り時にも税金がかかりません。また、掛け金が所得控除の対象となるのも大きな魅力です。

related post