デビットカードでの決済時に預金が足りなかった場合

デビットカードは銀行口座に入っているお金を決済に利用しますが、もし預金残高が決済金額に満たない場合はどうなるのでしょうか。その場合は基本的に「決済できない」ということになります。これはエラーとして店側に伝えられるので、店は「別のカードはないか」「現金払いなど、別の決済手段を使うか」と客に尋ねることになります。

ただ、デビットカードによっては預金残高がなくても銀行が一時的に立て替えるという手段で決済を受けつけることがあり、この場合、クレジットカード決済のように、後日、銀行に建て替えてもらったお金を返済しなければなりません。もし、銀行が定めた期日までに返済しなかった場合はデビットカードを解約されてしまう可能性があるので注意しましょう。

銀行がお金を立て替えてくれるデビットカードの発行

銀行が一時的にお金を立て替えてくれるデビットカードは、クレジットカードにかなり近いといえますが、クレジットカードとまったく同じ機能を持ち合わせているとはいえません。というのは、分割払いやリボ払いはできないからです。デビットカードでの立て替えは、あくまでも月次決済のときに預金残高が足りなかったなど特殊なケースで行われるもので、預金残高が0円にもかかわらず、5万円、10万円する商品をデビットカードでリアルタイムに購入できるわけではありません。

ちなみに、銀行がお金を立て替えてくれるデビットカードの場合、一般的なデビットカードと違って発行時に審査が行われることがあります。金融事故歴があると発行が見送られる可能性があるので注意しましょう。

購入の際に決済方法が複数存在する事はメリットの一つです。決済代行会社は複数の決済システムの料金回収や顧客情報の管理をしてくれます。

related post