通学制よりも安く高校を卒業できる

義務教育である小学校や中学校に通うとき、入学金や授業料などは必要ありません。私立だとかなりかかりますが、通常は公立の学校に通います。給食などの費用は掛かるものの、学習に必要な費用は一切かからない仕組みになっています。高校だと公立でも一定の学費が必要です。入学金や授業料などがあり、それらを支払わないと通えません。より安く高校を卒業する方法として、通信制高校の利用があります。こちらにも私立と公立があり、安いのは公立の高校です。入学金はワンコインで、1単位もワンコインぐらいに設定されています。何度も単位を取り直すと費用も上がっていきますが、効率的に取得できればかなり安く卒業ができます。家計が心配な時に選ぶと良いでしょう。

勉強したいときに勉強して卒業

小学校や中学校では、毎朝決まった時間に登校をします。そして時間割通りに授業を受けます。開始の時間に籍に座っている必要があり、間の休憩時間しか自由な時間はありません。かなり拘束された時間があります。一般的な高校でも流れは同じです。朝に登校して、時間割通りに授業を受けていきます。気分が乗らないとき、朝に行くのがつらい時でも行かないと単位を落とす可能性もあります。通信制高校では、日々の登校は必要ありません。自分の好きな時に課題をこなすだけです。レポートを作成して提出し、先生とのやり取りをしていきます。スクーリングに参加する必要はありますが、こちらもいろいろな日や時間の設定があるので、自分の都合のいい時に参加すれば済みます。

通信制高校なら熊本がお勧めです。なぜなら、鹿児島、佐賀、長崎から通いやすいという理由で年々通信制高校が増えているからです。

related post