専門学校はやりたいことが決まっている方にピッタリの学校

特定領域に特化しているので職業につながりやすい

専門学校は大学とは異なり、特定の領域に特化しているのが特徴です。大学でも専門領域はありますが、比較的垣根は緩く専門外のことも学ぶことになりますが、専門学校は専門領域だけを扱います。そのため、余計なことを学ばずにすぐに職業に直結する勉強がしたいという方にお勧めです。修学年限も2年が多く、知識や技術を身に付けたらそのまますぐに社会に出ることができます。修学年限の短さは学費の安さにもつながり、大学4年間の学費よりも大幅に安くなります。家計の都合で大学には行けないけれど勉強がしたいという人にも最適な選択肢といえるでしょう。

資格が取れるところも多い

専門学校では資格が取得できるところも多いです。例えば保育士の専門学校では、指定保育士養成施設となっていれば、卒業すると保育士の資格を取得することができます。独学で試験に合格するルートもありますが、そのためには厳しい試験に突破しなくてはなりません。しかし、卒業すると資格が取れる場合は、独学をしなくてもカリキュラムに従って学習をしていれば、確実に資格が取れるメリットがあります。保育士の専門学校以外にも医療系の資格やビジネス系の資格を取ることができる専門学校もあり、いずれもカリキュラムがそれように作られていますので、確実になりたい職業に必要な資格を取得できます。就職サポートも充実しているため、得た資格を生かせる職場を見つけやすいのもメリットです。学校によってはパイプを持っていて、専用の求人が来るところもあります。

服飾の専門学校は、ファッションにまつわる仕事について学べる場所です。学校によって異なりますが、創造、製造、宣伝、販売に特化した学科があり、様々な角度からファッションについての知識を得られます。

related post