人に関する専門家!社会保険労務士の仕事を知ろう

社会保険労務士とはどんな人?

社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づいた国家資格であり、その名の通り「社会保険」と「労務管理」の専門家です。「社会保険」とは、健康保険や国民年金、厚生年金などの公的な保険を指し、労務管理とは、採用や退職、賃金、安全衛生などを指します。社会保険労務士は、これらに関する事柄を幅広く取り扱い、企業の成長に必要とされている「ヒト」「モノ」「カネ」のうち、「ヒト」に関する専門家として活躍をしています。また、社会保険労務士の資格を取得するために、毎年多くの人が受験をしています。そんな社会保険労務士の仕事内容や役割についてご紹介します。

注目されている!社会保険労務士の仕事内容とその役割

社労士の主な仕事内容は、社会保険に関する書類の作成や申請、給付の手続き、就業規則の作成、労務に関するコンサルティングなど様々な業務があります。人事労務に関する法律は複雑で頻繁に改正されるため、専門家である社労士が企業をサポートして、適切な雇用管理や職場環境の改善を努める役割などを行っています。その他にも、企業に対する取引先や求職者の信用を得ることを目的とした取り組みも行っています。具体的な内容として、安心で安全な取引が可能な企業であるか、快適な職場環境のある企業であるか、などを社労士が確認をして、インターネット上などで表明する「労務診断」などがあります。このように、社労士が取り扱う仕事は多くの人が日常的に関心のある事柄が多いため、今後ますます注目されていく職業のひとつとされています。

社会保険労務士の就業規則は厳しいものとなっています。社会保険労務士ですので、ルールを遵守する事が基本です。

related post